logomark


Q & A

Questions and  Answers

ここでは、家具が欲しいな。でも、何を伝えればいいのかわからない…など

  家具をご注文ご検討されているお客様の、不安や疑問を取り除けたらと思います。

 

 私たちの場合は、今までイベントでの小物の販売をきっかけに、家具をご注文いただけることがほとんどでした。

 ですので、小物を通じて、自然と話が弾んでいき、ご相談もスムーズに進められることが多かったように感じます。

          この度、HPを設けるにあたり、今までお会いしたことのない皆様にご覧いただく機会も増えるので、

  ” ホクト59が初めて ” というお客様に、少しでもわかりやすくご案内できたらと思い、このようなページを作りました。

 


     ▲ 欲しい家具のアイテムが決まったら、以下の項目「ホ・ク・ト・5・9」についてそれぞれシュミレーションしてみましょう。

   


        :具体的な家具の寸法 もしくは、設置する場所のスペース・収納したい中身

 

     :必要な機能(引き出しが欲しい、棚が欲しいなど)

 

     :材 質 と 塗 装

 

     :予 算

 

     :納 期

 

 

 ホ・ク・ト・5・9」それぞれの項目についてQ&A形式でまとめてみました。 


 

[具体的な家具の寸法 もしくは、設置する場所のスペース・収納したい中身]

使用する木材にはあらかじめ長さや厚みのある程度の規格があります。それを踏まえ、ご要望にできる限り合った家具をご提案いたします。

Q「高さが2mXXcmの本棚が欲しい。」

A 2m超える材は少ないので、必然的に材料代が高くなってしまいます。

ですので、2つの箱に分けるか、材を探すかの2択をご提示することになります。

お客様のご要望を伺った上で、寸法の変更のご提案やご相談をいたします。

また、具体的な寸法が決まっていない場合は、設置する場所のスペースや、収納したいモノのサイズ(長さ、高さなど)をご提示ください。

 

Q「すでにあるテーブルに合わせた椅子が欲しい。」

A  テーブル(底)から床の高さを図ってください。テーブルの表面から計測される場合は、必ず天板の厚みも計測してください。

 

Q「寸法の測り方のポイントは?」

A  家具には外寸と内寸があります。

箱を1つ思い浮かべてみましょう。

外側の寸法は設置するスペースに必要な情報です(外寸と言います)。

と同時に内側の寸法は、お客様が収納したいモノが決まっている場合には、必要な情報となります(こちらが内寸と言います)。

基本的には、外寸から内寸が決まるのですが、あらかじめ「ここには、XXcmの高さ・OOcmの奥行きのモノをいれたい。」と決まっている場合は、

お申し出ください。

お考えの家具の耐久性を踏まえて、厚みなど考慮の上、問題がある場合は、こちらで外寸の変更のご提案をさせていただきます。

 

 


 

 

[必要な機能(引き出しが欲しい、棚が欲しいなど)]

できれば◯◯のような機能が欲しい。などのご要望は、ご相談の段階で全てお話しください。※対話式 C:お客様 H:ホクト59

自分だけの家具を作ろうとするとそれだけでワクワクしたり、費用のことを気にしたり、なにか急にひらめいたり

…考えがまとまっていない状態で、とりあえず聞いてみよう。と、問い合わせをいただくことがあります。

そういった場合は、はっきりしたご要望がまとまっていない状態ですので、見積もりは難しいものです。

「今注文した場合の納期は?」などよく聞かれますが、お創りする家具によって異なるため、なんとも言えないというのが実のところであります。

 

C「つい、言い忘れてしまった。また、後で伝えれば大丈夫だろう。」

 「あっ、◯◯みたいにしたらいいかも!?」

H  ご注文確定後▶︎order )の変更はお控えください。また、製作途中での変更はお受けできかねます。

変更内容によっては、材の再手配や、費用の変更などが付随するため、製作が遅れる場合があります。

ですので、まずは、ご相談の前に、できるだけ、上記の1-5についてお考えください。

何れにしても、安い費用ではありませんので、まずはお客様がどんな機能が必要なのか、充分お考えいただくことが大切だと考えます。

 

C「引き出しはスライドレールが欲しい。」

H  スライドレールの使用の有・無。引き出しをつける場合の選択肢です。システムキッチンのほとんどで使われているパーツを指します。

 

 C「棚板は、◯枚で、段も変えられるようにしたい。」

H  食器棚や本棚等は棚板の枚数と、高さが変えられるものが良いのかそうではなくて、据え置きで良いのか。 

 こちらも、中に入れるモノで変わってくることと思いますので、日々の生活の中で事前に想定していただくと良いでしょう。

 

C「ここの取手は、祖父の家で使っていたものを使用したい。」

H  新しく創る家具の一部に、思い出の品を使用したい。使用可能かどうか含めご相談ください。できれば現物をお見せください。

 


 

[材 質 と 塗 装]

ご指定の材種やご希望の色味などがあればお申し出ください。また、木材の自然の色を活かすため、色のついた塗装はご希望のあった場合のみお受けしております。

Q「材種の指定はできる?」

A  可能です。基本的には広葉樹の家具の製作をしています。針葉樹の家具の取り扱いはしておりませんので、ご了承ください。

 

材を手配に際し、見積もりにお時間を頂戴する場合があります。ご承知おきください。

現在使用している材は、北米産チェリーとブラックウォールナットです。ご要望により、国産材では山桜、クルミ、栗です。

詳しくはこちらをご覧ください▶︎wood

 

Q「塗装で色をつけられる?」

A  詳しくはご相談ください。

色付きのオイルもしくはペンキをご要望の場合は、色合いの認識の誤差を防ぐため、ご指定のメーカーと色番をご用意いただけるとスムーズです。

 

Q「塗装の種類が知りたい。」

A  詳しくはこちらをご覧ください▶︎finsh 

漆塗装は現在専用の設備がないため、お受けしておりません。

 

 


 

 [見積もり]

家具の費用の見当をつける参考として、 furniture ・納品事例 のページをご参照ください。▶︎ furniture / 納品事例

Q「予算の範囲で作れるの?」

Aまずは、上記ページをご確認ください。今まで作らせていただいた家具の画像と参考価格として、価格を提示しております。

ご自宅でのご検討の際の参考になさってください。引き出しの仕様や棚の作りや数なども、参考になると思います。

また、ご依頼主さまのご要望で価格は非公開の場合もございます。その場合は、お手数ですがお問い合わせください(▶︎contact form

 

こちらを踏まえて、ご予算の設定の上、ご相談いただけますと、家具の造りなどの細かな擦り合わせにより、最終的にご予算にあったお客様だけの家具をお創りすることが可能となります。

 

また、見積もりを2度に分けてお出しすることも可能です。1度目は、ご要望を全て含めた見積もりをご提示します。

その上で、お客様にご検討いただき、ご予算に合わせた見積もりへ変更いたします。

お客様の中で、削っても良いところ(例えば、材種を変更する、スライドーレールを使用する箇所を減らす、棚の段数を減らす、棚を固定にするなど)を見つけていただけるとスムーズです。

 

Q「見積もりはどのくらいでできる?請求金額なのかな?」

A 

・家具の見積もりには、ヒアリング(打ち合わせ)ののち、1週間程度お時間をいただいております。

複雑なオーダー家具の場合は、2週間ほどお時間のご猶予をいただけると助かります。

 ・見積もりは最終的な請求額ではないことがあります。見積もりをする際、納品方法についてご相談いたします。

お引き取りに来られる場合/ホクト59が納品に伺う場合/(取り付け家具の場合)設置をホクト59が行う場合/遠方の場合

それぞれ、費用が異なりますので、ご相談ください。遠方の場合では、らくらく家財便 を使用いたします。

ヤマト便ではお受けできかねますのでご了承ください。

 

 


 

[納 期]

ホクト59では、家具と小物両方の製作をしております。また個人の小さな工房です。

家具のみの創り手の皆様よりもお時間をいただいておりますことご承知おきください。

 

Q「納期はどのくらい?」


納期の起点は、ご相談開始日ではなく、ご注文確定後となります。そのため、ゆとりを持ってご相談いただくことお願いいたします。


オリジナル家具の目安 ご相談:ご希望の納期の半年前〜それ以前 ▶︎ 納期:ご注文確定後 〜6ヶ月

オーダー家具の目安  ご相談:ご希望の納期の1年前〜それ以前が望ましい。▶︎ 納期:ご注文確定後 〜1年



 

より理想的な家具を完成させるために、まずはお客様自身で「ホ・ク・ト・5・9」の項目をご確認ください。

 

(0)